ふたり

ゆかと敬は全く違う人生を歩んできて別々に死んだ。男と女が入れ替わり新しい人生が始まった。

あの日9 

 あれから3日後、男は救急車で運ばれて全治3か月の骨折だ。その間に裏ビデオの店とドラッグの部屋に警察が入った。今日は阿倍野にある金子探偵事務所に呼ばれている。
「中に入ってくれ」
 金子は現れた私を応接室に入れた。若い女の子が一人電話番をする小さな事務所だ。応接室にフリーライターの小山が座っている。思っていたより若い。
「私は35歳。元週刊誌の社員だったが首になってフリーになっている。彼とは何度か行方不明で調査をしてもらっている。本論に入るよ」
 彼は撮ってきた写真をテーブルに並べる。アキラを運んできた救急車の写真、病院の建物、死体の保存されたカプセルの写真、多数だ。
「驚いたよ。こんなことが日本であるとはな」
「だが危険だ」
 探偵が口を挟む。
「そうだ。無防備に記事を出したら潰される。だからしっかりとした週刊誌を選んだ。それに核心から離れたところから取材を載せる。このカプセルは最後の最後だよ」
「君はあんな居酒屋はやめてここで働かないか?」
「あんなとは言わないで友達が勤めている。私は何をする?」
「記事の指導をしてもらいたい。給料は初めは期待できないがな。だが記事を載せ始めると結構払える」
「働くわ」
「まずは『ある日』のことを詳しく作文してほしい」
「後で知ったことも入れてもいい?」
「もちろんあまりにも過激なのはカットする」
と言うと3つの携帯を出してきた。
「3人だけがこの携帯でしかやり取りしない」
 ここでチームができた。









スポンサーサイト

2017/09/26 Tue. 06:52  edit

Category: ミステリー

Thread: ミステリ - Janre: 小説・文学

tb: --  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △